HOMEバレーボールをするバレーボールにおける暑さ対策

バレーボールにおける暑さ対策

バレーボールにおける発汗

一般に、バレーボールの練習を1時間行うと500ml~1L程度あるいはそれ以上の汗をかくといわれています。

出た汗は、水滴のまま滴下したり、衣服にしみこんだりして蒸散という熱放散のメカニズムに寄与しないものがあります。これを無効発汗といって湿度が高いと汗の量は増えますが、放熱のための汗として十分に寄与しないことになります。体育館ではこの無効発汗が意外と多いと思われ、総発汗量を増加させなければならない状況になり、脱水に対する注意が特に必要となります。

バレーボール試合時の発汗量と水分摂取量
バレーボール試合時の体重減少量
バレーボール試合時の体温変化

詳しくはマニュアルのP6~8へ!