HOMEトピックス

トピックス

新着トピックス

FIVBワールドリーグ2014インターコンチネンタル・ラウンド第4・5・6週は日本で開催!

2014.01.20国際大会

FIVBワールドリーグ2014インターコンチネンタル・ラウンド第4・5・6週は日本で開催!

  全日本男子チームが出場する「FIVBワールドリーグ2014」のインターコンチネンタル・ラウンド第4週、第5週、第6週は、それぞれ日本で開催されることになりました。    FIVB(国際バレーボール連盟)は昨年12月、FIVBワールドリーグ2014の参加チーム数が、2013年の18チームから28チームに拡大することを発表。インターコンチネンタル・ラウンドは28チームが4チームずつ7つのプールに分かれて行われることになりました。7つのプールはプールA・B、プールC・D・E、プールF・Gの3つのグ

続きを読む

第82回全日本9人制総合女子選手権大会 開幕!

2014.01.17国内大会

第82回全日本9人制総合女子選手権大会 開幕!

  「第82回 全日本9人制バレーボール総合女子選手権大会」の開会式が1月17日、島津アリーナ京都(京都府立体育館)で行われました。   開会式に先立ち、地元・京都の舞妓さんが舞を披露。開会式では、パナソニックエナジー(大阪)のキャプテン・平野茜選手が選手宣誓を行いました。   大会には前年度本大会優勝で、本年度の9人制実業団選手権大会も制した富士通テン(兵庫)のほか、前年度準優勝のパナソニックエナジー(大阪)、全日本9人制クラブカップ選手権大会優勝の佐伯長陽会I・O(大分)など、計5

続きを読む

全日本ジュニア女子チームが「第63回日本スポーツ賞 競技団体別最優秀賞」を受賞

2014.01.17全日本

全日本ジュニア女子チームが「第63回日本スポーツ賞 競技団体別最優秀賞」を受賞

   読売新聞社が制定する「第63回日本スポーツ賞」の表彰式が1月17日、都内のホテルにて行われ、昨年チェコで開催された「第17回世界ジュニア女子選手権大会(U-20)」で銀メダルを獲得した全日本ジュニア女子チームが、「競技団体別最優秀賞」を受賞しました。    表彰式では、キャプテンを務めた小田桃香選手、山上有紀選手、山内美咲選手、本間真樹子選手、土井さくら選手、小島満菜美選手、中屋夏澄選手が登壇し、代表して小田選手が賞状とトロフィーを受け取りました。   &nb

続きを読む

男子は星城、女子は九州文化学園が高校日本一! 「春の高校バレー」第66回全日本高等学校選手権大会閉幕

2014.01.12国内大会

男子は星城、女子は九州文化学園が高校日本一! 「春の高校バレー」第66回全日本高等学校選手権大会閉幕

(写真は2年連続で高校3冠を達成した星城高校)    「ジャパネット杯 春の高校バレー 第66回全日本バレーボール高等学校選手権大会」の男女決勝戦が1月12日、東京体育館で行われ、男女併せて104校の頂点に、男子は星城(愛知)、女子は九州文化学園(長崎)が輝きました。    男子決勝戦では、星城と鹿児島商(鹿児島)が対戦。星城が第1セットを後半の逆転で奪って勢いに乗ると、第2、第3セットを連取し、ストレート(25-21、25-20、25-20)勝利を収めました。星城の優勝は2年連続3回目で、星城

続きを読む

「春の高校バレー」全日本高等学校選手権大会 決勝戦は女子が東九州龍谷×九州文化学園、男子が星城×鹿児島商

2014.01.11国内大会

「春の高校バレー」全日本高等学校選手権大会 決勝戦は女子が東九州龍谷×九州文化学園、男子が星城×鹿児島商

  「ジャパネット杯 春の高校バレー 第66回全日本バレーボール高等学校選手権大会」は1月11日に男女準決勝戦を行い、決勝戦には女子の東九州龍谷(大分)と九州文化学園(長崎)、男子の星城(愛知)と鹿児島商(鹿児島)がそれぞれ進出しました!    女子準決勝戦の1試合目では、インターハイ(全国高校総体)を制した東九州龍谷が都市大塩尻(長野)をセットカウント3-1で破りました。試合後、東九州龍谷のキャプテン・熊本比奈選手は「(準決勝戦を終えて)嬉しい気持ちと、明日勝って頂点を狙っていきたい気持ち。(

続きを読む

2014年度主要国際大会スケジュール発表

2014.01.10国際大会

2014年度主要国際大会スケジュール発表

 2014年度に開催される、主要国際大会のスケジュールにつきましてご案内いたします。    全日本男子チーム・龍神NIPPONは「FIVBワールドリーグ2014」に、全日本女子チーム・火の鳥NIPPONは「FIVBワールドグランプリ2014」と「2014女子世界選手権」にそれぞれ出場します。その他の出場大会は、現時点では未定となっておりますので、決まり次第、本会サイトにてお知らせいたします。    なおスケジュールは1月10日時点のものです。日程、開催都市は今後変更になる場合がございますので、予め

続きを読む

「春の高校バレー」全日本高等学校選手権大会、4強出揃う 1月11日から準決勝戦!

2014.01.08国内大会

「春の高校バレー」全日本高等学校選手権大会、4強出揃う 1月11日から準決勝戦!

  「ジャパネット杯 春の高校バレー 第66回全日本バレーボール高等学校選手権大会」は1月7日に準々決勝までを行い、男女ともベスト4が出揃いました。中3日を挟み、同じく東京体育館にて1月11日に男女準決勝戦、12日に男女決勝戦が行われます。    昨年度大会優勝の下北沢成徳(東京)や熊本信愛女(熊本)などの優勝候補が敗退する中、女子準決勝戦に駒を進めたのは都市大塩尻(長野)、東九州龍谷(大分)、九州文化学園(長崎)、共栄学園(東京)の4チーム。準決勝戦では、インターハイ(全国高校総体)で2年ぶり

続きを読む

ジャパネット杯 春の高校バレー 第66回全日本高等学校選手権大会 開幕!

2014.01.05国内大会

ジャパネット杯 春の高校バレー 第66回全日本高等学校選手権大会 開幕!

   「ジャパネット杯 春の高校バレー 第66回全日本バレーボール高等学校選手権大会」が1月5日、東京体育館で開幕しました。    リニューアルして毎年1月の開催となり4回目を迎えた「春の高校バレー」。全国で登録する高校生男子チーム全2,600校、女子チーム全3,808校の中から、頂点を決めるこの舞台に、男女併せて104校が出場します。    開会式は、吹奏楽の演奏に乗せて各校の選手たちが全員揃って入場行進した後、林義治大会委員長の力強い開会宣言でスタート。昨年度優勝の男子・星城(愛知

続きを読む

会長メッセージ2014

2014.01.01お知らせ

会長メッセージ2014

   あけましておめでとうございます。  謹んで新年のごあいさつを申し上げます。本年も皆様にとって素晴らしい年になることを心よりお祈り申し上げます。    昨年9月7日(日本時間8日)に行われた国際オリンピック委員会(IOC)総会で、2020年夏季オリンピック・パラリンピックの開催都市に東京が決定し、日本中が歓喜の渦に包まれたことは、まだ記憶に新しいことと存じます。  1964年東京オリンピックにおいて初めてオリンピック種目としてバレ―ボールが採用され、全

続きを読む