HOMEトピックス「いずみ会連合会」からバレーボールの普及・発展、競技力の向上に対する助成金

トピックス

「いずみ会連合会」からバレーボールの普及・発展、競技力の向上に対する助成金

2017.10.16

 公益財団法人日本バレーボール協会(JVA)は10月16日(月)、住宅設備機器の総合商社、株式会社小泉の取引先で活動する「いずみ会連合会」から、バレーボールの普及・発展、競技力の向上を目的とする助成金(495万4744円)を頂戴いたしました。
 JVAで行われた授与式で「いずみ会連合会」の松田英行会長(株式会社松田設備取締役会長)から嶋岡健治JVA会長に、目録が手渡されました。嶋岡JVA会長は「東京2020オリンピックに向けて、このたび頂戴しました助成金を有効に使わせていただき、東京ではいい成績を残したいと思っております。心よりお礼申し上げます」と挨拶し、感謝状をお渡しいたしました。


171016_1.jpg

(左から嶋岡JVA会長、いずみ会連合会・松田英行会長、株式会社小泉・長坂剛代表取締役社長)


 1971年に発足したいずみ会連合会は、1979年度から活動の一環として連合会内で募ったチャリティー寄付金を、各団体に助成してきました。助成対象は自治体からスポーツ団体まで幅広く、昨年度は熊本県熊本地震義援金に、2014年度には日本レスリング協会に助成しています。

171016-3.jpg

(前列左から株式会社小泉・石井美義常務取締役営業本部長、嶋岡会長、松田会長、長坂社長、株式会社小泉多摩・小川名隆弘代表取締役専務)

写真