HOMEトピックス地元・中国を破り6連覇達成 第11回アジアユース女子選手権大会(U-18)

トピックス

地元・中国を破り6連覇達成 第11回アジアユース女子選手権大会(U-18)

2017.03.14

2017.03.14-1-top.jpg

 「第11回アジアユース女子選手権大会(U-18)」が3月13日(月)、重慶(中国)で大会最終日を迎えました。セミファイナルラウンド(1-4位)でタイを下した日本は、決勝戦で地元・中国と対戦しセットカウント3-0(25-16、25-9、32-30)のストレートで勝利。大会6連覇を成し遂げました。

 

 試合は地元・中国の大声援の中スタートしました。第1セットは中国の高いブロックに苦しめられながらも、曽我啓菜選手(金蘭会高校1年)と西川有喜選手(金蘭会高校1年)を中心に得点し、25-16で先取します。続く第2セット、立ち上がりから連続得点を奪うと、中盤には高柳有里選手(大阪国際滝井高校1年)の7得点などで相手を寄せ付けず、25-9でセットを連取します。第3セット、中国の思い切りのいいサーブと高いブロックに苦しめられると、5-8とリードを許します。その後一時は同点に追い付いたものの、日本にミスが出て14-16で折り返します。日本は西川選手のスパイクで追い付いて逆転に成功しますが、中国を振り切れずデュースに。それでも最後は西川選手が決めて32-30。全試合ストレート勝ちでの6連覇達成となりました。

 

 なおこの日行われた3位決定戦では、韓国がタイにセットカウント3-0(25-17、25-17、28-26)のストレートで勝利を収め、銅メダルを獲得しています。

 

 また、試合終了後に行われた表彰式で、日本の水杉玲奈選手(金蘭会高校1年)がベストリベロ賞、西川有喜選手がベストアウトサイドスパイカー賞とMVPを受賞しました。

 

 全日本ユース女子チームへのたくさんのご声援をありがとうございました。

 

◆第11回アジアユース女子選手権大会(U-18) 最終順位

1位: 日本

2位: 中国

3位: 韓国

4位: タイ

5位: チャイニーズタイペイ

6位: ホンコンチャイナ

7位: オーストラリア

8位: ニュージーランド

9位: イラン

10位: ウズベキスタン

11位: サモア

カザフスタン(棄権)

 

◆第11回アジアユース女子選手権大会(U-18) 個人賞(日本人選手のみ)

ベストアウトサイドスパイカー賞: 西川有喜選手

ベストリベロ賞: 水杉玲奈選手

MVP: 西川有喜選手

 

写真提供:AVC

関連リンク

大会概要

競技日程

出場選手12名

試合結果

写真