HOMEトピックス決勝戦は男子・豊田合成トレフェルサ×東レアローズ、女子・久光製薬スプリングス×日立リヴァーレ 平成28年度 天皇杯・皇后杯 全日本選手権大会 ファイナルラウンド

トピックス

決勝戦は男子・豊田合成トレフェルサ×東レアローズ、女子・久光製薬スプリングス×日立リヴァーレ 平成28年度 天皇杯・皇后杯 全日本選手権大会 ファイナルラウンド

2016.12.24

2016.12.24-1-11.JPG

 

 「平成28年度 天皇杯・皇后杯 全日本選手権大会」のファイナルラウンドが12月24日(土)に大田区総合体育館(東京都大田区)で大会4日目を行いました。クリスマス・イブの本日は男女準決勝が行われ、男子は豊田合成トレフェルサと東レアローズ、女子は久光製薬スプリングスと日立リヴァーレが決勝戦進出を果たしました。

 2016.12.24-1-3.JPG

 男子第1試合は豊田合成トレフェルサとジェイテクトSTINGSの愛知勢対決に。第1セットは古田史郎選手、マテイ・カジースキ選手らの攻撃で幸先よくジェイテクトSTINGSが先取しますが、イゴール・オムルチェン選手のサーブが徐々に調子を取り戻すと、サイド、センターをまんべんなく使った攻撃で豊田合成トレフェルサが形成逆転。セットカウント3-1(19-25、25-21、25-20、25-20)で勝利し、大会連覇の挑戦権を獲得しました。

 

 司令塔・内山正平選手は「ジェイテクトSTINGSとはV・プレミアリーグから難しい試合が続いていて、(今日は)試合の入りから嫌な雰囲気だった。それでもイゴール(・オムルチェン選手)のサーブから立て直すことができた。明日(の決勝戦)がまだ残っているので、気を抜かずに頑張る」と試合を振り返りました。またクリスティアンソン・アンディッシュ監督は「難しい試合だった。全く(展開を)予想していなかった。1セット目は自滅。その後は気持ちを切り替え、それからは準備してきたことを発揮できた。残りの3セットはデータ通り、我々の戦術や想定していたことの全てが上手くいった。いい試合ができてよかった」と試合を分析しました。

 

2016.12.24-1-7.JPG

 男子第2試合は東レアローズとサントリーサンバーズが激突。第1セットから東レアローズがニコラ・ジョルジェフ選手を中心に攻勢を仕掛けると、危なげない試合運びでセットを奪取。サントリーサンバーズのジルソン・ベルナルド監督が「東レアローズの安定したプレーは認めるしかない。最初から最後まで高いレベルで終始安定していた」と東レアローズの試合運びを評価したとおり、その後も巻き返しを図るサントリーサンバーズの攻撃を封じ込め、ストレート(25-22、25-22、25-15)で勝利を収めました。

 

 試合を振り返り東レアローズのセッター・藤井直伸選手は「一発勝負のトーナメントということで、試合前からムードを上げられて、サントリーよりいいバレーが出来たことが勝因」と分析。また、自身2度目の天皇杯タイトルを目指す小林敦監督は「(ヤドリアン・)エスコバル選手は完全に封じきることができなかったが、他の日本人選手(柳田将洋選手、藤中謙也選手)は封じることができたので、こちらのペースでやれた。何よりニコ(・ジョルジェフ)のスパイクが調子よく、エスコバル選手の攻撃力を凌駕したことが勝てた要因」と手応えを口にしました。

 

2016.12.24-1-10.JPG

 続く女子第1試合では久光製薬スプリングスとNECレッドロケッツが対戦。現行の大会方式になった2007以降、6度目の対戦となった両チームの戦いは、立ち上がりから粘りのあるラリーの応酬となります。第1セットを久光製薬スプリングスが競り勝つと、第2セットはNECレッドロケッツが奪い返しますが、NECレッドロケッツの山田晃豊監督が「最後まで長岡(望悠)選手を止められなかった」と振り返ったように、この日スパイクで31得点の長岡選手の勢いは止まらず。セットカウント3-1(25-19、21-25、27-25、25-22)で久光製薬スプリングスがNECレッドロケッツを振り切りました。

 

 皇后杯5連覇に王手をかけた久光製薬スプリングスの長岡望悠選手は「一発勝負なので、(明日の決勝戦は意識せず)、まずは今日(の試合)だという気持ちで臨んだ。周りからは5連覇とよく言われるが、自分たちは意識せずに1本1本に集中してやるべきことをやるだけだと思っている」と表情を引き締めました。また酒井新悟監督は「NECレッドロケッツはディフェンスがいいので、その中でどう点を取っていくかというのが焦点だった。選手がよく粘った」と健闘を称えました。

 

 2016.12.24-1-18.JPG

 女子第2試合は東レアローズと日立リヴァーレが顔を合わせました。試合の主導権を握ったのは、今シーズンのV・プレミアリーグで2度対戦しいずれも勝利している日立リヴァーレ。堅実なサーブレシーブから佐藤美弥選手がサイド、センターの選手に安定したトスを供給し、内瀬戸真実選手、カースティ・ジャクソン選手らが得点を重ねます。東レアローズも粘りのバレーから巻き返しを図りましたが、ストレート(25-19、25-18、25-14)で日立リヴァーレが逃げ切りました。

 

 試合後、日立リヴァーレの佐藤美弥選手は「レシーブではすごく粘れた。いいパスが返ってきていたので、セッターの自分もアタッカーもいい間でプレーができた。明日は強い久光製薬スプリングス(が相手)なので簡単には点を取れないと思っている。チームにある粘りで『絶対に頂点を獲る』という強い気持ちで臨みたい」と決意を口にしました。また松田明彦監督は「中盤以降は佐藤美弥(選手)のトスワークが素晴らしかった。それを生んだのはサーブレシーブであり、最後まで落ちることがなかった」と選手を評価しました。

 

◆第4日(12月24日)の試合結果

2016.12.24result.png

◆第5日(12月25日)の競技日程

 2016.12.25matchschedule.png

 

 明日25日(日)は11:00開場、12:00男子決勝戦開始、17:00女子決勝戦開始となっております。また、10:30よりわずかではございますがスタンド自由席以外の一部券種の当日券の販売を実施いたします。

 

 なお、男子決勝戦試合開始前では信近エリさん、女子決勝戦ではサンプラザ中野くんによる国歌斉唱が行われます。ファイナルの舞台に華を添えるふたりの歌声にもご注目ください。

 

 会場内では、会場限定グッズや天皇杯・皇后杯限定の「Vリーグオールスターファン投票スタンプラリー」、「ハイキュー!!」の特別展示や全日本選手のパネル展示など、試合と併せてお楽しみいただける企画を多数用意しております。来場の際や試合間にお楽しみください。

 

 そして決勝戦はNHK-BS1での放送と「DAZN」でのライブストリーミング、そして「VリーグLIVEスコア」でライブスコアの配信が行われます。ぜひ本年度の天皇杯・皇后杯優勝チーム決定の瞬間にぜひご注目ください。

関連リンク

テレビ放送・ライブストリーミング情報

VリーグLIVEスコア

写真