FIVBワールドリーグ2016

概要

大会名称

FIVBワールドリーグ2016

ワールドリーグとは

男子バレーボール界において、世界トップチームが参加する世界規模のリーグ戦として、1990年にFIVB(国際バレーボール連盟)によって創設された。参加チームはNo.1の座と賞金を懸けて熱戦を繰り広げ、その試合はテレビ・新聞・雑誌などのメディアを通じて、世界100カ国以上に配信される画期的な大会である。2016年大会で第27回を数える。

参加36チーム

◆グループ1

プールA1~I1
(12チーム)
セルビア、アメリカ、ポーランド、ブラジル、イタリア、イラン、
ロシア、オーストラリア、フランス、ブルガリア、アルゼンチン、ベルギー

◆グループ2

プールA2~I2
(12チーム)
日本、オランダ、カナダ、フィンランド、チェコ、キューバ、
ポルトガル、韓国、エジプト、スロバキア、中国、トルコ

◆グループ3

プールA3~F3
(12チーム)
モンテネグロ、メキシコ、カザフスタン、チュニジア、スペイン、ギリシャ
ベネズエラ、プエルトリコ、ドイツ、スロベニア、カタール、チャイニーズタイペイ

参加チーム・競技方法

グループ1
出場チーム
プールA1~I1
(12チーム)
セルビア、アメリカ、ポーランド、ブラジル、イタリア、ロシア、
オーストラリア、フランス、ブルガリア、アルゼンチン、ベルギー
開催地・プール分け

【第1週】

プールA1
(6/17~6/19)
シドニー(オーストラリア)
プールB1
(6/17~6/19)
リオデジャネイロ(ブラジル)
プールC1
(6/17~6/19)
カリーニングラード(ロシア)
オーストラリア
ベルギー
フランス
イタリア
アルゼンチン
ブラジル
イラン
アメリカ
ブルガリア
ポーランド
ロシア
セルビア 

【第2週】

プールD1
(6/24~6/26)
未定(ポーランド)
プールE1
(6/24~6/26)
ローマ(イタリア)
プールF1
(6/23~6/25)
ベオグラード(セルビア)
アルゼンチン
フランス
ポーランド
ロシア
オーストラリア
ベルギー
イタリア
アメリカ
ブラジル
ブルガリア
イラン
セルビア

【第3週】

プールG1
(7/1~7/3)
ナンシー(フランス)
プールH1
(7/1~7/3)
ダラス(アメリカ)
プールI1
(7/1~7/3)
テヘラン(イラン)
ベルギー
ブラジル
フランス
ポーランド
オーストラリア
ブルガリア
ロシア
アメリカ
アルゼンチン
イタリア
イラン
セルビア
競技方法
[予選ラウンド(グループ1)]

12チームが4チームずつ3つのプールに分かれ、3週にかけて毎週末3試合、各チーム9試合を戦う。

 

[決勝ラウンド(グループ1)]

予選ラウンドの上位5チームと開催国・ポーランドが出場する。

グループ2
出場チーム
プールA2~D2
(12チーム)
日本、オランダ、カナダ、フィンランド、チェコ、キューバ、
ポルトガル、韓国、エジプト、スロバキア、中国、トルコ
開催地・プール分け

【第1週】

プールA2
(6/17~6/19)
イズミル(トルコ)
プールB2
(6/17~6/19)
大阪市中央体育館(大阪府大阪市)
プールC2
(6/17~6/19)
チェスケー・ブジェヨヴィツェ(チェコ)
オランダ
ポルトガル
スロバキア
トルコ
キューバ
フィンランド
日本
韓国
カナダ
中国
チェコ
エジプト 

【第2週】

プールD2
(6/23~6/25)
ブラチスラヴァ(スロバキア)
プールE2
(6/24~6/26)
カイロ(エジプト)
プールF2
(6/24~6/26)
サスカトゥーン(カナダ)
キューバ
チェコ
オランダ
スロバキア
エジプト
フィンランド
日本
トルコ
カナダ
中国
韓国
ポルトガル

【第3週】

プールG2
(7/1~7/3)
ソウル(韓国)
プールH2
(7/1~7/3)
宣城[シュアンチェン](中国)
プールI2
(7/1~7/3)
タンペレ(フィンランド)
チェコ
エジプト
韓国
オランダ
中国
日本
スロバキア
トルコ
カナダ
キューバ
フィンランド
ポルトガル
競技方法
[予選ラウンド(グループ2)]

12チームが4チームずつ3つのプールに分かれ、3週にかけて毎週末3試合、各チーム9試合を戦う。

 

[ファイナル4(グループ2)]

予選ラウンドの上位3チームと開催国・ポルトガルが出場する。

グループ3
出場チーム
プールA3~F3
(12チーム)
モンテネグロ、メキシコ、カザフスタン、チュニジア、スペイン、ギリシャ、
ベネズエラ、プエルトリコ、ドイツ、スロベニア、カタール、チャイニーズタイペイ
開催地・プール分け

【第1週】

プールA3
(6/17~6/19)
リュブリャナ(スロベニア)
プールB3
(6/17~6/19)
メキシコシティ(メキシコ)
プールC3
(6/17~6/19)
コザニ(ギリシャ)
カタール
スロベニア
チュニジア
ベネズエラ
ドイツ
メキシコ
モンテネグロ
スペイン
チャイニーズタイペイ
ギリシャ
カザフスタン
プエルトリコ

【第2週】

プールD3
(6/24~6/26)
都市未定(ギリシャ)
プールE3
(6/24~6/26)
チュニス(チュニジア)
プールF3
(6/24~6/26)
アルマティ(カザフスタン)
ドイツ
プエルトリコ
カタール
スロベニア
チャイニーズタイペイ
メキシコ
モンテネグロ
ベネズエラ
ギリシャ
カザフスタン
スペイン
チュニジア
競技方法
[予選ラウンド(グループ3)]

12チームが4チームずつ3つのプールに分かれ、3週にかけて毎週末3試合、各チーム6試合を戦う。

 

[ファイナル4(グループ3)]

予選ラウンドの上位3チームと開催国・ドイツが出場する。

順位決定方法(大会共通)

①勝敗数

②2チームまたはそれ以上のチームが同じ勝敗数で並んだ場合、順位決定の優先順位は下記の通り。

 (1)勝点(※)

 (2)セット率(セット率=総得セット/総失セット)

 (3)得点率(得点率=総得点/総失点)

 

※1試合で与えられる勝点について

 セットカウント3-0または、3-1で試合が終了した場合: 勝者に3ポイント、敗者に0ポイント

 セットカウント3-2で試合が終了した場合: 勝者に2ポイント、敗者に1ポイント